遠征歌

 

1.
 春行楽の夢さめて 残んの色にうつろへる
 時の流れを歎く時 見よ我が誠之健男児
 高鳴る胸を身に秘めて 出で立つ姿君見ずや
 
2.
 思へば去年(こぞ)の夏の頃 占き都に攻め入りて
 栄ある勝利あげしとき 吾らが血潮おどりにき
 行け行け友よいざ行きて あげて帰れよ勝どきを
 
3.
 芦田の原を吹く風に 草木の露をはらはせて
 征衣も軽く吾が選手 出で立つ所敵もなし
 行け行け友よいざ行きて あげて帰れよ勝どきを
 
4.
 名もなつかしき誠之館 我らが望み一すじに
 茲にぞかかる我が選手 行け行け友よ我が友よ
 三度われらは叫ばなん あげて帰れよ勝どきを
 

コメントは停止中です。