福山市を舞台に、ミステリー『少女たちの羅針盤』映画化決定

誠之館のOBでミステリー作家の島田荘司さんが創設し最終選考も行っている「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の第一回優秀作品賞受賞作 『少女たちの羅針盤』 (水生大海 著/原書房 刊) の映画化が決定したという話題です。

「ポニョの浦」の広島県福山市を舞台に、ミステリー『少女たちの羅針盤』映画化、女子高生役出演者を募集中 Web De-View

『 広島県福山市主催「福山ミステリー文学新人賞」で優秀賞を受賞した水生大海の『少女たちの羅針盤』の映画化が決定。現在、この作品に出演する女子高生役キャストを広く募集している。

 井伏鱒二をはじめ、数々の文人を生んだ文学都市・広島県福山市が主催となり、同市出身の作家・島田荘司氏を選者とした文学賞「福山ミステリー文学新人賞」。地方の賞としては初めて新作長編小説を公募し、受賞作を東京の大手出版社から出版するという本格的な文学賞であり、その第一回優秀作品賞受賞作が水生大海の『少女たちの羅針盤』だ。

 ・・・

ロケは広島県福山市が全面協力、映画『崖の上のポニョ』の着想の地として知られる「鞆の浦」を中心とした福山市が舞台となる。

 今回映画化にあたり、主要キャストとなる『羅針盤』のメンバー、そして女子演劇部生徒役などをオーディションによって決定。広く出演者を募集している。資格はプロ・アマ不問で17歳~22歳までの女性。5月中旬に最終オーディションが行われ、6月中旬よりクランクインの予定だ。応募の締め切りは4月15日。応募要項はオーディション情報専門サイト『WEBデ☆ビュー』および携帯サイトに掲載されているほか、『デビューしようよ』、4月1日発売のオーディション情報誌『月刊デ☆ビュー』に掲載。

ミステリー文学新人賞」(福ミス) についてはこちらをご覧下さい。
ふくやま文学館公式ホームページ
ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 – Wikipedia

カテゴリー: 0.全ての記事, 3.誠之館OB情報, 4.ふるさと情報, 【S42卒】, 【福山・備後】 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。