「まんが物語・阿部正弘」の続報

 前回『「漫画で学ぶ老中・阿部正弘」が出版されました』の記事でご紹介した本について、本の構成を担当された 中山善照さん(S32卒) から詳しい情報 をいただきましたので続報として掲載します。関係者のみなさま、一読されてはいかがでしょうか?

<目次>

  • 序 章・大阿部家展と藩校誠之館
  • 第一章・西欧の脅威とキリスト教
        ロシア船、日本人居留地を砲撃
  • 第二章・アメリカ、西部開拓から太平洋へ
        アヘン戦争でイギリスに敗北した大国・清国
  • 第三章・ペリー来航
        幕府首脳はペリー来航をあらかじめ知っていた。
  • 第四章・阿部正弘の生い立ちと藩校誠之館の創設
  • 第五章・ペリー再来航と日米和親条約締結
  • 第六章・安政の改革、そして正弘の死
  • 終 章・江戸幕府の終焉と明治維新
  • 漫画によるあとがき
    民族意識の覚醒・朱子学と国学
    幕末の思想史

<内容>

  • 世界史のなかで揺籃する幕末史を通して阿部正弘を描きました。
    内容は英国のインド植民地、アヘン戦争、アメリカの太平洋への膨張政策、ペリーの砲艦外交を詳細に描くなど、かなり高度です。
  • 子供も読むと推定されるため漢字にはすべてルビを振ってありますが、幕末史の教養が希薄な人(小学生等)にはあまり推奨できません。
    たとえば「水戸斉昭…だれ?」というような人は、出てくる人物名だけでも苦労するでしょう。(歴史上の人物、数十人が登場します)
  • 漫画だからといって、ごかましたり、子供に媚びたり一切していません。
    ある程度幕末史の教養がある大人が読むに耐え、納得していただける漫画です。
  • 藩校誠之館創設のいきさつ、当時の教科内容などは母校ですから、かなり詳細に描いています。
  • 知ってましたか? 阿部正弘は、病没したとき誠之館の永続を願って手許金を節約、4千5百両を遺し、そのうち、江戸誠之館へ2千両、福山誠之館へは2千5百両が分与されています。
  • 誠之館OBはこの漫画で母校の創設者 阿部正弘のことをよく知っていただきたいと思います。 

<取扱い書店>

  • 廣文館  福山駅ビル店(923-9434)、アイネス福山店(973-5175)
  • 宮脇書店 福山多治米店(957-0382) 
  • TSUTAYA 新涯店(957-5111)、松永店(933-0039)、伊勢丘店(948-6333)、神辺店(960-3222)、駅家店(977-0011)
  • 古川書店 霞町(923-2793)
  • 萬生堂  神辺町(962-0048)
  • 藤原書店 駅家町(976-3001)
  • 啓文社  ポートプラザ店(971-1211)、コア福山西店(930-0901)、コア神辺店(962-3939 )、コア春日店(941-0909)、多治米店(981-3288)、瀬戸店(951-7088)、イオン三原店(0848-64-7951)、福屋ブックセンター(0848-21-1520) 
  • 福山城博物館(922-2117)

 ※ 市外局番の記載されていない電話番号の市外局番は、すべて084です

<遠隔地からの入手方法>

 福山市以外の関西、東京などの遠方、または近郊でも近くに書店がない場合、販売を福山市より委託されている中山から郵送することができます。

 ★1冊 ¥1500(税込) 郵送料は当方が負担します
 (国内なら全国どこでも。複数冊でも送料すべて負担)

  • メールで郵便番号、住所・氏名、電話番号と冊数を指定し、
     zens-planning575@kce.biglobe.ne.jp
    宛注文してください。ただちに郵送します。
  • 代金は本が到着してから下記銀行へ振込んでください。
    ・三菱東京UFJ銀行福山支店、みずほ銀行福山支店、広島銀行瀬戸支店
    (振込料がかなる場合は恐縮ですがご負担願います)
※ このサイトの管理人より

 口座番号は省略しています。購入時に確認してください
 また、ご不明な点などありましたらメールでお尋ねください

 

カテゴリー: 0.全ての記事, 3.誠之館OB情報, 4.ふるさと情報, 【福山・備後】, その他OB タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。